添乗員として行った海外

アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、スイス、オーストリア、イタリア、スペイン、スウェーデン、ノルーウェイ、フィンランド、ギリシャ、オランダ、中国、台湾、韓国、香港、インドネシア、オーストラリア、メキシコなどなどへ添乗してきました。そこで私がまた行きたいなと思うところをご紹介できればと考えています。

夏のジュネーブ祭りいいねえ

夏休みの家族旅行の計画はもうお済みですか。

ジュネーブ空港に降り立ち、自分の荷物が来るのを待っていると
自分の荷物がなかなか出てこない。空港のスタッフに尋ねると
ヨーロッパの違う空港に間違って行ったとの事。

お客様もたくさんお連れしていたので、
空港のスタッフに「荷物をホテルに届けてくれるよう」頼んだ。
そして、お客様と一緒にジュネーブ観光後ホテルへチェックインした。

ホテルで待てでも待てども自分の荷物が届けられないので
再度、航空会社へ荷物の早期配達を要請し、お客様たちと
一緒に夕食へ出かけた。

丁度その日「ジュネーブ祭り」の日だったので
夕食後、有志で「ジュネーブ祭り」に出かけた。

レマン湖の中に噴水が噴出していて、その噴水に
スポットライトが当てられていた。そして
フランス語のナレーションが始まった。

我々は水鉄砲を購入し、ジュネーブ祭りの参加者
めがけて水鉄砲の発射しまくった。もちろん、相手も
負けじと、水鉄砲をこちらに向け、発射。
もう、みんなずぶぬれ。

水鉄砲の縁あって、さまざまな国の人達と交流ができた。
お客様の中に、移動遊園地で楽しまれた方ももちろんいた。

今度は家族でスイスへ行ってみたいものです。


posted by 添乗員 at 14:59 | 夏休み家族旅行

夏休み海外旅行もう決まりましたか?

夏休みの家族旅行はもうお決まりでしょうか?

家族で楽しめる海外旅行先としては
ハワイ、グアム、サイパンなどは日本人観光客が多く
日本語で十分通じるので安心して楽しむことができる。

私が8月に行った海外は
イギリスをはじめとするヨーロッパ。アメリカ。オセアニア
それと中国(シルクロード)。

私が家族で行きたいなあと思うところは
アメリカ、フロリダかなあ。
ディズニーワールド。ここは大きなテーマパークが4つあり
一週間でも周り切れない。
何度も何度も繰り返し訪れる人が後を立たない。

通常のテーマパークの遊び方だけではなく、
そこで働いている人達の動きを見るだけで得るものがある。
それも「爽やか」なのです。
仕事で悩んでいる人もこの地を訪れると「元気をもらって帰る」

ディズニーの7つの習慣として本があるくらいだ。

予算もあり、日程の都合がつく、家族は上のバナーをクリックして
行き先を検討しましょう。

私はお客様を連れて
オーランドからタンパ(以前松井がキャンプしていたところ)へ
行った。それもゴルフ三昧。楽しかったなあ。
今度は家族を連れていかなと妻に怒られています。

ラスベガスもおすすめ。
昔は男の遊び場のイメージぬぐいきれなかったが
今では家族で遊べる町としても有名になってきています。
さまざまなショーが無料で見ることができるし
ホテルを見学するだけで世界旅行の気分が味わえる。


オーストラリアもおすすめ
ゴールドコースト、ブリスベン、シドニーは時差があまりない。
ので、飛行機から降り立ったときも時差ぼけを感じたことがない。
まあ、オーストラリアでは苦労しましたが

団体客を連れて空路シドニーへ。

シドニーへ到着まで2時間くらいの時
前方でなにやら異変が。アナウンスを聞くと添乗員を呼んでいることが分かった。でも、まさか自分の客ではないと思い、恐る恐る現場へ近づいた。「あ!○○さんだ。これは大変!」CAの指示に従うしか。
シドニー空港に無事に降り立つと救急車のサイレンが機体に近づき患者を乗せて行った。

すぐに現地係員と打ち合わせをして、通訳ガイドを手配し
病院までお願いした。我々は予定の飛行機でブリスベンへ飛んだ。
連絡を取り合ったいると「エアシック」であると判明。
「お客様の病気がたいしたこと無くてよかった」
その日の夕刻の便で我々に合流した。
posted by 添乗員 at 18:45 | 夏休み家族旅行