添乗員として行った海外

アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、スイス、オーストリア、イタリア、スペイン、スウェーデン、ノルーウェイ、フィンランド、ギリシャ、オランダ、中国、台湾、韓国、香港、インドネシア、オーストラリア、メキシコなどなどへ添乗してきました。そこで私がまた行きたいなと思うところをご紹介できればと考えています。

ヨーロッパセレブご用達、リゾート地モーリシャスへ行きませんか

モーリシャスへもう一度行きたい 香港もしくはシンガポール経由でモーリシャスへ。香港経由だと晩にモーリシャスへ到着、シンガポール経由だと夕刻に到着します。 モーリシャスはアフリカのマダガスカル島から東へ900キロ離れたインド洋に浮かぶ島で、セイシェル島の南に位置します。 言葉で説明するよりもこの動画をご覧下さい。
(ここには動画貼り付けられないようですので、このトップ画面のどこかに張ります。探してください。
<m(__)m>)

モーリシャスへ行ってみたいとお思いのあなた下記をクリック。 専門店で行くモーリシャス旅行
posted by 添乗員 at 13:22 | モーリシャス

モーリシャスってどこ?

勤めていた会社の子会社がモーリシャス航空の西日本の総代理店になったことからなぜか、私が選ばれて行くことになった。何と引率(添乗員)が会社の先輩。
 
香港までキャセイパシフィック航空で行きその晩のモーリシャス航空で飛び立った。モニターツアーのこともあり、団員は他の旅行会社の従業員だった。
 

香港のランドはいつものよくやってくれるインバウンド専門の会社。また、ここが至れり尽くせりで最後おみやげまでもらって帰った。
(モーリシャスからの帰りも香港へ寄ることになっていた。)

 
モーリシャスの空港へ降り立った。海の中に突然、島が目に飛び込んできた。やっと着いた。これでたんまり遊べる。入国手続きをして、荷物をピックアップして…一人いない。入国審査官となにやら一人トラブルに。○ ○ツーリストの人だった。
 
後で聞いて見ると、海外でるのは久しぶり。それも仕方がない。修学旅行専門のセクションの人だった。
『え!その程度の英語もしゃべれないの』と心の中で思いながらアシストした。全員無事にバスに乗り込んだ。島に一人しかいないという日本人の係りがやって来た。ほんとに慣れていないようだった。島内を駆け足でまわり、ホテルへチェックイン。
 
ところで、皆さんモーリシャスって聞いたことありますか。場所はマダガスカル島から西に約900キロのところ。インド洋に浮かぶ島で、北にセイシェル島などが点在する。
今回は添乗業務ではないので、非常に心は晴れ晴れ。少し休んでから、島内観光。ボトルシップの工場見学やラム酒の工場そしてバードウォッチング。植物園の見学。後は延々と続くホテルエクスカーション。もう、うんざり。ほとんどあまたに残っていない。やっと一通りのコースが終わり、ゴルフへ行くことに。タクシーを呼んでもらった。古いベンツがやって来た。
 
主催者(会社の先輩)だけが大はしゃぎ。みんな少々あきれ顔。それもそのはず。ゴルフ経験者が何と彼一人だけだった。が、太陽がかんかんと照っているので、ハーフで全員ダウン。プールサイドで寝そべったり、砂浜で寝そべったりと。
 
え!と思ったのは韓国人?(だったと思う)のツアー。ほとんどの人がスーツ姿。これにはびっくり。それも革靴で砂浜を歩きにくそうに歩いていた。われわれは、すごーくラフな格好。
 
夜は、プールサイドでバイキングがあったり。何らかのショーがあったりと決して退屈しない。それも全てのホテルが毎日趣向を凝らしている。それと小規模ではあるが、ギャンブルも出来る。もちろん現金で。
そんな夢のようなリゾートを満喫し香港経由で帰国した。
 

http://www.airmauritius.co.jp/
モーリシャスとはこんなところ
エア・モーリシャスのホームページです。このホームページを開いて
リゾート気分を存分に味わい下さい。では。


 

 
posted by 添乗員 at 17:19 | モーリシャス