添乗員として行った海外

アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、スイス、オーストリア、イタリア、スペイン、スウェーデン、ノルーウェイ、フィンランド、ギリシャ、オランダ、中国、台湾、韓国、香港、インドネシア、オーストラリア、メキシコなどなどへ添乗してきました。そこで私がまた行きたいなと思うところをご紹介できればと考えています。

インドネシアバリ島のこと

バリ(インドネシア)編

私が、バリと言ってまず、考えるのが、音楽、芸術の島。

一般的には、あまり知られていませんが、バリ島の内陸部を
走っていると、あちらこちらから、楽器の音色が聞こえてきます。

では、一般的なバリについて説明します。

インドネシアの最大の観光地でもあるバリ島は、
「神々の島」とも称されていて、
高級ホテルが建ち並ぶ一大リゾート地となっています。

バリ旅行の人気スポットと穴場をほんの一部ではありますが、
ご紹介していきます。

まず、バリには素晴らしい寺院が数多く存在していて、
どの寺院もそれぞれ独特なのですが、
六大寺院の一つとなっている「ウルワトゥ寺院」は特に人気です。

こちらは、夕日とケチャックダンスが鑑賞出来る事でも有名で、
敷地内の会場で民俗舞踊のケチャックダンスが繰り広げられる中、
インド洋に沈む美しい夕日を見る事が出来るでしょう。

ただし、こちらは野ザルが放し飼いにされているので、
襲われないように注意して下さいね。

次に、やはり、旅と言ったらショッピング。

買い物を楽しむなら、バリのランドマーク的存在として、
現地の人達にも注目のスポット、
巨大ショッピングモールの「ディスカバリーショッピングモール」は如何でしょう。

こちらは、サーフィンブランドから始まり、
カジュアルな服や民族服、お土産、化粧品、本、そして、電化製品など、
とにかく何でも取り揃えてあります。

また、モールの裏側には、
一面にクタビーチが広がっているので、
夕陽を目当てに来る観光客もいる程の人気スポットです。

バリで穴場と言えば、GWK(ゲーウェーカー)がオススメですよ。

こちらはジンバランにある国立公園で、
人間よりも遥かに大きな石像が何体も立ち並んでいて、
バリの街を一望できる絶景ポイントもあります。

これからも開発されていく予定だと言う事なので、
今のうちに足を運んでみては?
posted by 添乗員 at 11:43 | Comment(0) | インドネシア