添乗員として行った海外

アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、スイス、オーストリア、イタリア、スペイン、スウェーデン、ノルーウェイ、フィンランド、ギリシャ、オランダ、中国、台湾、韓国、香港、インドネシア、オーストラリア、メキシコなどなどへ添乗してきました。そこで私がまた行きたいなと思うところをご紹介できればと考えています。

海外へ仕事で行くには2か国語は必要

20代後半から海外への仕事が徐々に増えて30代後半になると、
毎月違う国行っていた。
荷造りがすごく大変だったことを覚えています。

北欧からもどった1週間後、オーストラリアへ行ったとか
その2週間後韓国へ行ったとか、さらに10日後アメリカへなどなど。

相当忙しい1年を過ごしたことがあります。
忙しかったけど、充実していたなあと。

やはり海外はすべてが英語通じませんので、
英語の他にもう一つ外国語を身につけたら旅行楽しめますし、
ビジネスも幅を広げられると。

一時期4カ国語を勉強したことある。
英語はビジネス英語、スペイン語、中国語、ハングル語。

その当時はスペインやメキシコ、中国の新疆自治区やソウルやプサンなどに訪れた。
やはり、2か国語以上を身に着けると、強い。

外国語を身に着ける方法は一つ。
まずは外国語の環境をつくる事。
毎日覚えた英語(単語、熟語、文章)を毎日テキスト見ないで口に出す事。
それを毎日毎日続けること。

あっという間に日常での会話は身についています。

教材はなんでもOKです。
ただし、ネイティブが実際に喋る文章が載っている教材でないといけない。
posted by 添乗員 at 19:32 | 語学

娘がパスポートを取得した

高校1年生の娘がパスポートを取得した。
それは、今年の7月の夏休みに修学旅行でオーストラリアへ行くため。
現地でホームステイするとのこと。
それまでに英語を、英語であいさつから、日本の文化を英語で言えるようにしてほしい。

私が初めてパスポートを取ったのが、大学生の3年の時。
初めての海外がイギリス3週間の英語留学と1週間のドイツ、フランス。
イギリス3週間では、ロンドンやケンブリッジそしてマンチェスターなどを観光した。

3週間のホームステイでは、英語に慣れるだけでしゃべれると勘違いしたような。
帰国してすぐにアメリカへの留学の準備をし、翌年の9月に1人でアメリカへ渡った。

でも、今、我が家でパスポートを持っているのが娘一人きり。
私も早く余裕が出てきたら、妻と一緒に海外旅行へ。
その時が多分来年だろうと考えていますが、
まずは、スペインとイタリアとフランスへ。
目的はワイナリー巡り。

列車とレンタカーとそしてプチホテル。
現地の言葉でワイナリーのオーナーとワイン談義をしたいものです。
スペインでは、リオハ。
フランスはパリからTGVで南下。
イタリア中部から南下。
posted by 添乗員 at 19:29 | Comment(0) | 海外旅行

海外航空券だけを予約して

今やネットで海外航空券を手配できる時代になってきている。
先日、前職の後輩に航空券のみの相談を行ったところ、あまりうまみがないと言われた。
それもそうだと思う。

私が妻と一緒に海外旅行する場合は、航空券と現地ホテル1泊か2泊を予約していくと思う。
現地でいろいろなことが予約できると思っているからです。
添乗員として行ったとき、現地でいろいろなツアーを予約したりオプショナルツアーを作って募集したりした。なので、出来るかなあと。

でも、年齢が・・・。

やはり、込みのツアーを依頼するかもしれない。
それなら、JTBかJALパックかなあ。

行く先に親族がいるという人と話すことができた。
その人は、息子が現地にいるので、空港まで迎えに来てくれるとのこと。
そうでないと、航空券のみではいけないと。

これからだと、香港、シンガポールそしてオーストラリアやニュージーランドかなあ。

posted by 添乗員 at 18:42 | 海外旅行

何故か、娘がスペイン語の興味を持ち

我が家では、数年前からスターチャンネルと契約をしている。お金が勿体ないからと言われながら、拒否し続け今日に至ります。最近は、もうスターチャンネルのこと言わなくなった。なぜなら、娘が英語大好き人間になったからです。

毎月、送られてくる雑誌で翌月の番組をチェックして、映画用のカレンダーに書き込んでいるのです。今では、100枚以上のストックがあるのです。その中には、日本では放映していない映画も含まれます。フランス作だったり、イタリア作、スペイン作もあります。

娘がスペインの映画の字幕が今一つと言い、自分が翻訳するとまで言い出す始末。ででで、語学の世界の行くとのこと。私の遺伝だったら、うれしいいなああ。

スペインや中南米に関することをいろいろと情報収集する目的から、サイトを作成しました。
タイトルは、「スペインや中南米のことなら」良かったら見てくださいね。

http://microtechnologiespr.net/
posted by 添乗員 at 15:01 | Comment(0) | スペイン